運営者からのお知らせ

運営者のつぶやき

カレンダー

サイトカレンダをスキップ

December 2018
«
»
Su M Tu W Th F Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

サイトシール


当サイトではFujiSSLのSSL証明書を使用し、常時SSL暗号化通信を行っています。 FujiSSL サイトシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。


駅データを更新しました

駅データを更新いたしました。

  • 4月1日に開業した以下の1駅を追加
    • 南海電気鉄道南海本線 和歌山大学前駅
  • 3月17日に改称した以下の1駅のデータを修正
    • 東武鉄道伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅(旧称:業平橋駅)
  • 4月1日に廃止された以下の事業者・路線の各駅を削除
    • 十和田観光電鉄 事業者および全路線・全駅
    • 長野電鉄 屋代線およびその全駅
  • 収録対象の駅ルールの改訂(駅データの収録条件を改変し、代行バス運行区間内の駅を対象から除外します)により、1年を超えて運休し代行バスが運行されている以下の各駅を削除
    • 常磐線 駒ヶ嶺−浜吉田間の各駅
    • 仙石線 手樽−野蒜間の各駅
    • 石巻線 万石浦−女川間の各駅
    • 岩泉線 路線および全駅(ただし茂市駅は山田線の駅としては削除されず)
    • 石巻線 名松線 伊勢竹原−伊勢奥津間の各駅

駅データの収録条件を改変し、代行バス運行区間内の駅を対象から除外します

突然ですが、岩泉線が廃止濃厚と地元新聞の報道が出てしまいました。

もちろん、まだ復活の可能性が閉ざされたわけではありませんが、これをきっかけとし、駅データ収録の条件の見直しを行うことにしました。

と言ってもなんのことやら、となりますが、もともと、代行バス区間の駅を収録することにしていたのは、本サイト開設の時点で岩泉線が長期運休していたことによります。
本サイト開設の時点で、収録対象のルールは、駒鉄太郎の鉄道データベースさん、およびこの趣味のフロンティアのお1人である横見浩彦さんのものを基準に定めましたが、これらによれば、長期にわたり代行バス運行がなされている区間の駅は、対象から外れることになります。
そうすると、岩泉線は当初から全駅非掲載となり、しかし一方でその後復活の可能性もある、ということになります。
その時点で、まだi降りつぶしのデータベース同期機能が実装されていなかったこともあり、実際に復活した場合に「当初全駅を「無効」と設定した駅のデータが後から再度有効化される」という機能がきちんと動作するのか、確認を行えなかったため、とりあえず代行バス区間も有効にする、というルール変更を行ったものです。

その後、この機能は仕様通りに動作することが確認されています。
そして今回、岩泉線廃止の可能性が高まったという事態を受け、「当初構想していたルール」に収録基準を改変することを決めました。

具体的には、以下の各路線・各区間について、4月2日頃に予定する駅データベース更新により、登録を削除させていただきます。

  • 常磐線 駒ヶ嶺−浜吉田間
  • 仙石線 手樽−野蒜間
  • 石巻線 万石浦−女川間
  • 岩泉線 全駅(茂市駅は山田線の駅としてのみ収録継続)
  • 名松線 伊勢竹原−伊勢奥津間

また、今年8月には、只見線本名-田子倉間も登録が削除になることが確実です。

なお、これらの駅について、既に乗下車日を登録済である場合、そのデータは編集・参照はできませんが保存はされています。将来、駅が復活した場合は、登録された記録は自動的に復活します。

以上、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

駅データを更新しました

駅データを更新いたしました。

  • 明日開業する以下の3駅を追加
    • 東海道本線 相見駅
    • 武蔵野線 吉川美南駅
    • 南阿蘇鉄道 南阿蘇白川水源駅
  • 漏れていた以下の路線および駅を追加
    • 小田急電鉄松田連絡線 松田駅
      • 同線は過去には営業キロが設定されていましたが現在は新松田駅構内扱いとなっています。ただし、東武鉄道の押上駅を別にカウントしていることから、こちらも改めて記録の対象としました
  • 東日本大震災および福島第一原発事故の影響により、1年を超えて運休し、かつ代行バスが運行されていない以下の各駅を削除
    • 常磐線 木戸駅~磐城太田駅間の各駅
    • 気仙沼線 陸前横山駅~気仙沼駅間の各駅(ただし気仙沼駅は大船渡線の駅としては削除されず)
    • 大船渡線 鹿折唐桑駅~盛駅間の各駅
    • 山田線 磯鶏駅~釜石駅間の各駅(ただし釜石駅は釜石線の駅としては削除されず)
    • 三陸鉄道北リアス線 島越駅
    • 三陸鉄道南リアス線 路線および全駅

八戸線玉川駅~久慈駅間の各駅および三陸鉄道北リアス線田野畑駅~野田玉川駅間の各駅は、災害より1年を超えて運休していますが、それぞれ明日・4月1日より運行が再開されることから、削除していません。

また、明日とうきょうスカイツリー駅に改称される業平橋駅ですが、ウィキペディアへのリンクURIのメンテナンスを要するため、更新は4月2日に延期させていただきます。ご了承ください。

3月15日頃および4月2日前後に駅データベースのアップデートを行います

来る3月15日頃、JR他のダイヤ改変・新駅開業および3・11から1年以上経過した事態を受け、以下のとおりの駅データベースアップデートを行います。

  • 小田急松田駅を新規収録(これまでの収録漏れ・@mujin_kaisokuさんよりのご指摘)
  • 17日に新規開業する武蔵野線吉川美南駅、東海道本線相見駅、南阿蘇鉄道南阿蘇白川水源駅を新規収録
  • 17日に実施される現業平橋駅のとうきょうスカイツリー駅への改称
  • 昨年3月11日午後以来、長期運休中で代行バスも運行されていない、常磐線・気仙沼線・大船渡線・山田線・三陸鉄道の一部駅を削除

また、4月2日前後(管理者が降りつぶしの旅に出ているため日時確定せず申し訳ありません)、民鉄における以下の変化を受け、駅データベースアップデートを行います。

  • 4月1日に開業される南海和歌山大学前駅を新規収録
  • 3月31日限りで廃止される十和田観光電鉄の各駅および路線・事業者を削除
  • 3月31日限りで廃止される長野電鉄屋代線の各駅および路線を削除

駅データを更新しました

駅データを更新いたしました。

  • 実在しない、鹿島臨海鉄道の鹿島神宮駅を削除
  • 漏れていた、JR東日本品鶴線を追加
  • 漏れていた、以下の各駅を追加
    • JR東日本 西大井駅、新川崎駅
    • 名古屋市交通局 西高蔵駅
    • 南海電気鉄道 今宮戎駅、萩ノ茶屋駅
  • 以下の各駅の駅名を修正
    • 神戸新交通 みなとじま駅、医療センター駅、京コンピュータ前駅
    • 富士急行 富士山駅

2011年12月28日から30日までに判明した不具合

2011年12月28日から30日までの間に判明した、駅データの不具合は以下のとおりです。
いずれも、掲示板にてご指摘をいただきました。ありがとうございます。

  1. 南海電鉄の今宮戎駅と萩ノ茶屋駅が未収録(kunioさんにご指摘いただきました)
  2. 富士急行の富士山駅が旧名のままになっている。ただし読みは正しい(CLAGANOさんにご指摘頂きました)

これらは、1月中旬予定のアップデートで修正させていただきます。

神戸高速鉄道の特別扱いについて

神戸高速鉄道の特別扱いについて、昨年から管理体制が変更されているので、現在管理している第二種事業者の所属駅に変更したほうがよいのでは、とのご指摘を、掲示板にていただきました。

神戸高速鉄道については、以前の体制において、阪急が免許を寝かしっぱなしにするなどイレギュラーな状態となっていたため特別扱いと考えてきました。

現体制においても、運行および管理業務のみの移管です。

降りつぶし.netでは、基本的に、「管理者はどの事業者局か」ではなく、「その駅がどの事業者局の路線で使われているか」という観点から分類しています。ので、少なくとも現行の神戸高速鉄道の業態が続く限り、降りつぶし.netでの神戸高速鉄道の特別扱いは今後も続行させていただきます

2011年12月27日現在判明の駅データ不具合について

Webアプリ・i降りつぶしの双方で、以下の不具合が見つかっています。

  1. 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線のデータに、列車の起終点である鹿島神宮駅が含まれてしまっている
  2. 神戸新交通ポートアイランド線北埠頭駅が、空港線の方に分類されてしまっている(@k_ace_rさんにご指摘いただきました
  3. 神戸新交通ポートアイランド線で2011年7月に改称された駅名が旧来のままとなってしまっている(@k_ace_rさんにご指摘いただきました
  4. 通称品鶴線(東海道本線3)の各駅が収録されていない(掲示板でCLAGANOさんよりご指摘いただきました)

これらの不具合は、Webアプリ版についてはすぐ訂正することも可能ですが、i降りつぶしとの連動のテストを行いたく、1月中旬頃までしばらくお待ちくださいまし。

駅データの履歴管理

新たな駅が開業したり、惜しくも廃止されたり、また移転・改称・事業者局の変更などが行われたりした場合、以下のとおりデータを管理します。

  • それまでなかった駅が開業した場合、その駅のデータを新たに登録する
  • 駅が廃止されたり、1年を超える休止状態となった場合(鉄道代行バスが運行され、当該駅の代替となるバス停が設置されている場合を除く)、当該駅は削除され、乗下車の記録の閲覧は不可能となる
  • 駅の位置が移転した場合、経緯度および住所以外の駅データの変更は行わず、乗下車の記録は引き継がれる(過去の例:JR西日本七軒茶屋駅)
  • 駅が別の名前に改称された場合、駅データの駅名のみが変更され、乗下車の記録は引き継がれる (過去の例:くま川鉄道人吉駅→人吉温泉駅)
  • 駅の位置が移転されると同時に別の名前に改称された場合、駅データは変更されるが、乗下車の記録は引き継がれる (過去の例:JR西日本境線大篠津駅→米子空港駅)
  • 駅が所属する事業者局が変更された場合、駅データ自体は変更されず、乗下車の記録は引き継がれる (過去の例:JR東日本東北本線三沢駅→青い森鉄道三沢駅)
  • 前項の結果、それまで同一駅だった対象駅が複数駅となるような場合、乗下車の記録はすべての駅に引き継がれる (過去の例: JR東日本東北本線・八戸線八戸駅→青い森鉄道八戸駅・JR東日本八戸線八戸駅)

同一駅とみなす場合・別の駅とみなす場合

同じ位置にある駅が複数ある場合、以下の基準に基づき、同一の駅とみなしたり、別の駅とみなしたりします。

  • 新幹線の駅と在来線の駅は別の駅とみなす
  • 同一事業者局の駅が複数の新幹線路線、または複数の在来線に所属する場合、それぞれは同一の駅とみなす(例:JR東日本の大宮駅は、新幹線(東北新幹線・上越新幹線)で1つの駅、また在来線(東北本線・高崎線・川越線)で1つの駅とみなす)
  • 同一事業者局の駅であれば、ホームの所在が離れ、改札が分離されていても、1つの駅とみなす (例:JR九州折尾駅(鹿児島本線・筑豊本線連絡線))
  • 同一の駅に複数の第1種または第2種または軌道の鉄道事業者局が乗り入れている場合、駅を管理している事業者局が単一である場合においても、すべての事業者局について別の駅とみなす (例:熱海駅はJR東日本が管理する駅だが、JR東海が乗り入れているため、JR東日本の1つの駅、およびJR東海の1つの駅とみなす)
  • 第3種鉄道事業許可は、神戸高速鉄道東西線および南北線を除き、その事業者局の駅とはみなさず、第1種ないし第2種の事業者局の駅とみなす
  • 神戸高速鉄道東西線・南北線に限り、両線の各駅は神戸高速鉄道の旅客営業駅であるとみなす (例:元町駅は、阪神と神戸高速鉄道の接続駅とみなし、阪神の駅および神戸高速鉄道の駅として管理する)
  • 届出上同一事業者局の同一の駅だが、名称の異なる複数の電停が存在している場合は、それら全体で1つの旅客営業駅とみなす (例:鹿児島市電郡元電停と郡元(南側)電停)